多目的ローンのメリットとデメリット

多目的ローンの借入メリット

女性の画像

お金を調達する時、借入先によって返し方もメリット、デメリットも違うので同じような金融商品でも特徴をきちんと踏まえた上で契約する必要があります。

例えば今大注目の多目的ローンも、一般的なカードローンとは違う魅力があります。

多目的ローンはカードローンのように、枠内なら何回でも自由に追加融資を受けることはできませんから、使い勝手が悪いと感じる方も多いようです。

追加融資がまったくできないということではなく、審査を受け改めて契約を結ぶこともできますが、面倒ですし審査ハードルも低くありません。

けれどカードローンよりも金利が低く、平均的なカードローンやキャッシングの金利の半分にも満たない低金利で契約することができる可能性も十分にあります。

金額が大きくなればなる程、金利の安さによるプラスの影響を受けますから「早く返し終わりたい」と考えている方にもぴったりではないでしょうか。

また、使いにくいと思われることもある追加融資の難しさも、日頃誘惑に弱い借り手にとっては良い手綱になるかも知れません。

過去、延滞トラブルを起こしたことがある方、ついつい収入以上のお金を借りてしまう傾向がある方は、あえて多目的ローンを契約することで将来の金融トラブルを防ぐことができるかも知れません。

“借りながら返す”マネーライフを続けているといつまでも返し終わることができませんが、返すだけの多目的ローンなら借入分をスピーディーに返済することができそうです。


多目的ローンの借入デメリット

女性の画像

借入先を多目的ローンとフリーローンで迷っている方も多いのではないでしょうか。

多目的ローンは通常のカードローン、キャッシングよりも金利がぐっと抑えてあるので、できるだけ賢く借入先を選びたい方にも人気があります。

同じ目的別ローンでも、使い道を教育費や住まいの為のお金などに限定されることはなく、事業性を帯びていなければ本当に自由です。

多少厳しい金融機関だと投機性の資金や普段の生活費目的だと渋られてしまうかも知れませんが・・・。

いずれにしても、金利の低さは見逃すことができない魅力ですが、デメリットもゼロではありません。

例えば、多目的ローン最大の特徴である追加融資の受けにくさも、やはりネックの1つになります。

目的が決まっている借入でも、後からもっとお金が必要になることはありますよね。

例えば住まいの為のローンも30年前後のロングスパンで返して行くことになるので、途中早くも建物にガタがきてリフォーム費用が必要になるかも知れません。

家族やライフスタイルの変化で立て直さなければならないことも。

多目的ローンの場合も、目的の自由性が高いだけに追加融資の必要性が出て来ることは容易に想定できます。

ところが、契約後新たに融資を受ける必要が出て来ても、カードローンのように即お金を引き出すことはできません。

正式に申し込み手続きを済ませ、厳しい審査を改めて受けて本格的な契約を交わす・・・という3段階のステップを踏む必要があります。

そもそも最初の契約自体、時間が非常にかかるのでスムーズな手続きを期待している方、急いでいる方には向かない借入先です。

「多目的ローンのメリットとデメリットについて」の更新情報